J1の最近のブログ記事

Feb 29 2008
Permalink

反則ポイントまではいかないよね

Comment(0) Trackback(0)

2008シーズンのリーグ戦順位決定方法が変更になり反則ポイントが新たに加わりました。

と聞いた時には得失点の次くらいに反則ポイントがくるのかなと思ったら、1.得失点→2.総得点→3.当該チーム間対戦成績→4.抽選だったものが、3.まで一緒→4.反則ポイント→5.抽選と抽選の前に加わっただけ。(詳細は以下のリンク先で確認してください)

2008Jリーグ J1リーグ戦、J2リーグ戦 順位の決定方法 変更のお知らせ(Jリーグ公式サイト

実際は、ほとんど得失点だけで決まっちゃいそうですけどね。去年の順位をみても以下の通り勝ち点が並んだのが7位8位と11位12位のみで、両方とも得失点差で決まっちゃってるし。

順位表 2007Jリーグ ディビジョン1

順位 チーム          勝点 試合 勝 引分 敗 得点 失点 得失点差

  7 横浜F・マリノス      50  34  14  8  12  54  35  +19
  8 柏レイソル         50  34  14  8  12  43  36  +7

 11 名古屋グランパスエイト 45  34  13  6  15  43  45  -2
 12 FC東京          45  34  14  3  17  49  58  -9

ちなみに去年の反則ポイントは以下の通りで浦和は3位。

2007 Jリーグ アンフェアなプレーに対する反則金(Jリーグ公式サイト

順位 クラブ 反則ポイント
1 ガンバ大阪 27
2 清水エスパルス 44
3 浦和レッズ 69
4 横浜 F・マリノス 70
5 横浜FC 74
6 アルビレックス新潟 79
7 ジェフユナイテッド千葉 82
8 FC東京 86
9 サンフレッチェ広島 98
10 大分トリニータ 100
11 名古屋グランパスエイト 101
12 ジュビロ磐田 106
13 鹿島アントラーズ 115
14 川崎フロンターレ 121
15 柏レイソル 126
16 ヴィッセル神戸 127
17 大宮アルディージャ 174
18 ヴァンフォーレ甲府 188

Feb 19 2008
Permalink

エーイング

Comment(0) Trackback(0)

本当に決まっちゃいましたね。そりゃあ最近微妙だったけど、ここまでして継続することないんじゃないの?何もKリーグとの日韓対抗戦なんてしなくても、スポンサーのJOMOさんが納得いく方法が他に幾らでもあったと思うのよ、例えば日本人選手選抜と外国籍選手選抜で闘ってたJOMOカップJリーグドリームマッチを復活させるとかさぁ…まったく(`×´)

Jリーグ球宴、日韓対抗戦に=今年は日本、来年は韓国で(時事ドットコム

Jリーグは19日、東京都内で開いた理事会で、オールスター戦を今年と来年はJリーグ選抜とKリーグ選抜との日韓対抗戦で行うことを決めた。今年は8月2日に日本で行うが、来年は韓国で行うため国内開催はない。

と言うことで本格的に逆組織票で回避させなきゃね。まだ詳しい選出方法はわからないけど、従来通りなら浦和以外の選手に投票しまくるぜ。

でも素朴な意見として、これだと選ばれる選手が半分に減っちゃうから増々観客数減っちゃわないのかね。韓国との対戦だって本気で闘うACLのが全然面白いし、なんならナショナルチームの日韓戦でいいじゃん。

…とぶーぶー言っても仕方がないのだけれども、ほんと久しぶりにネガティブな感想しかないニュースだ。

Nov 6 2007
Permalink

名古屋さんお前もか!

Comment(0) Trackback(0)

他サポが口出す話でもありませんが、昨年の京都に続いて名古屋まで名称変更するらしい。

名古屋が「エイト」捨て「グランパス」に(nikkansports.com

ピクシー復帰に歩調を合わせるように、まず呼び名を変え、すっかり定位置となった感のあるリーグ中位=8位あたりからの脱却を目指す。

中位力は一般化してしまってるのねw
それにしても名称変更なんて名古屋サポはどう思ってるのと、2ch国内サッカー板の名古屋スレ(あくまで参考ですよ、参考)を覗いてみると、総意ではないけど結構肯定的な意見多数。うーんそうなのか。興味はストイコビッチ監督就任に向いているのかな。

これでペットネーム的な短縮系呼称があるクラブで残るはジェフユナイテッド千葉(ジェフ)と横浜Fマリノス(F抜かれること多いよね)と我が、浦和レッドダイヤモンズ(言わずもがなレッズ)の3クラブとなりました。(他にあった?)

では、この3クラブが京都のパープルや名古屋のエイトみたいにユナイテッドやFやダイヤモンズをとったりするでしょうか?まず、浦和はありえないなー。We are Diamondsだもん。残り2クラブもチャント的に考えるとジェフのチャントでユナイテッドって言ってたと思うし、マリノスもFって言ってるから、浦和同様に変更は無いかな。仮にあったとしてもサポからの反対は多そうだ。そう思うと反対の少なそうな名古屋の場合はチャントでもエイトって言っているのはなかった様な気がするしな。(エイト言ってるチャントあったらごめんなさい)

これで来年、ストイコビッチ監督招聘、名称変更までして中位だったら感服します。

Oct 9 2007
Permalink

監督人事

Comment(0) Trackback(0)

選手(特に外国籍の選手)や監督の契約更改関連のニュースが飛び交う時期になって参りました。優勝は出来ない、でも降格もほぼ無い、カップ戦は既に敗退で試合無い、なんて年はストーブリーグの方が楽しかったりしたりして。

まずはまだまだリーグもACLもNo1に向かって邁進中!我が浦和レッズの監督人事の記事。当然と言えば当然ですが続投が基本方針。まだシーズン途中ですが、私は基本的にはオジェックを支持しておりますので特に不満はありません。そもそも1年とかでころころ変わっちゃ困るし、準備が十分に出来なかった今年より、来年の采配を観てみたい。

浦和・オジェック監督続投へ…ACL4強&J1首位独走評価(スポーツ報知

浦和のホルガー・オジェック監督(59)の続投が8日、決定的になった。2位・G大阪に勝ち点6差をつけてJ1首位を独走し、アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)でも日本勢初の4強進出に導いた実績をクラブ首脳陣は高く評価。契約延長の基本方針を固め、契約更新交渉を行う。

続いて名古屋の監督人事の記事。他クラブの話題なので他サポがとやかく言うのも失礼ですが、どちらかと言うとこっちが本題。

チェルシーをクビになった超人気監督の“名古屋入り”が急浮上(ゲンダイネット

そんな中、欧州からビックリ仰天情報が飛び出した。Jリーグ名古屋がモウリーニョの代理人と接触に成功。来季の新監督に内定したという。地元マスコミ関係者がこう続ける。

「名古屋で2年目のフェルフォーセン監督が、母国オランダでかつて指揮を執ったMVVから“復帰してくれ”と熱烈オファーを受けている。本人も “家族の問題もあって今季限りで帰国したい”と話し、名古屋は来季に向けて後任監督を探していたら、モウリーニョの代理人とコンタクトが取れ、チェルシーを解任されてからはトントン拍子に話が進んだ」

ソースがゲンダイですし、どうせ飛ばし記事だろうとわかっちゃいるけど、過去の名古屋の監督をみると本当に来ても何か不思議ではないと言うか、マジで来るんじゃないかとw

モウニーリョ監督の日本の審判に対する言動とか、日本のメディアや代表監督オシムとのやり取りとかも面白そうだし、海外厨の反応とか、世界のメディアがモウリーニョを媒介にしてJを注目するかもだし、その他etc、etc…失礼ですけど他人事ってこともあってかかなりワクワク。

そして一番の興味はモウリーニョを擁しても中位力なのか?ってとこ。

名古屋歴代監督抜粋(名古屋グランパスエイト - Wikipedia

  • ゴードン・ミルン(1994年-同年11月)
  • アーセン・ベンゲル(1995年-1996年9月)
  • カルロス・ケイロス(1996年10月-1997年11月)
  • ジョアン・カルロス(1999年9月-2001年8月)
  • ズデンコ・ベルデニック(2002年-2003年8月)
  • ネルシーニョ(2003年8月-2005年9月)
  • セフ・フェルホーセン(2006年-現在)
Sep 11 2007
Permalink

中断しないの賛成

Comment(0) Trackback(0)

Jリーグの特徴といったら速い展開とか色々言われますが、何と言っても直ぐ中断することだと思います。でも来年は少しは少なくなりそうです。

北京五輪期間中も開催へ 来季のJ1とJ2

Jリーグは11日、1部(J1)実行委員会で来季の日程について話し合い、来年8月の北京五輪開催期間中もJ1と2部(J2)を実施する方針を確認した。来季日程は12月に決定する。

五輪くらいでとめられちゃ敵いませんもんね。でも同記事によるとアテネ五輪の時もJ1、J2開催してた書いてありまして...そうだっけ?

気になるので調べて見ると、五輪組みがいなかったのは、2004年2ndの1節、と2節でした。こんなインパクトのある2試合を忘れるなんて。

1節神戸戦はあのSweetsオタの2人とノリのいい浦和サポ(こちら)、そして2節のヴェルディ戦は永井のハットトリック含む7-2の圧勝!そういえばトゥーリオとかが伸二と試合観てたっけな。

話戻すと、北京も中断しないという事はうちの選手が五輪に選出されると困っちゃうけれども、何となく細貝は選ばれて欲しいなと思うのです。

Aug 7 2007
Permalink

予習復習(その2)

Comment(0) Trackback(0)

先日移籍関連を確認したので、今日は勝ち点の確認。以下の18節まで勝ち点を2006シーズンと2007年シーズンで比べた表を見ると、去年より勝ち点+2。(G大阪も+2だけど。)これは何となく意外。確かに負けてないけど勝ちきれていないイメージもあったからなぁ。やっぱり負けないって言うのは大きいのか。

次はグラフの方ですが、2006年の勝ち点推移と2007年予想。予想は18節時点での勝ち点からリニアに伸びていく事を前提にしてます。見たところ2006年は流石に生みの苦しみは味わってますが、後半戦は意外に順調に勝ち点を伸ばしていた様です。現時点では去年より良い位置につけており、グラフの様な感じで順調に勝ち点を積められれば余裕で連覇だろうけど、このまま順調にとは行かないだろうなぁ。もし苦しくなったとしても、そのときこそサポの力の見せ所だけどね。

ちなみに残留はというと、もうちょっと先の話。現状浦和の39に対して自動降格圏の下から2番目大分の勝ち点が16。単純に残り全部勝つと想定すると3×16=48が加算されますからね。(そろそろ残留を確認する体質変えなくちゃ。なんとなく昔の癖で…)

2006   2007
第18節  第18節
     41脚
     40
   脚39浦
     38
   浦37
     36
   川35
   清34
   鹿33
     32新
     31
   分30鹿
   千29
     28川清磐
   分27
  宮新26鞠柏
     25
  磐瓦24
  鞠鯱23鯱神瓦
     22広
     21
     20
グラフ1
勝ち点推移グラフ(予想)

Aug 6 2007
Permalink

予習復習(その1)

Comment(0) Trackback(0)

先週末は自堕落な生活を送りましたが、今週末からはJリーグが本格的に再開。浦和は先週広島と1戦行ってはいますが、私は観戦できなかったので個人的に再開したって感じがなく、週末オールスターなる花試合を観てしまったので更にまったり状態に。そろそろ気合を入れ直さなければ。

そういう事でJリーグ再開に向けて予習復習。まずは、先日うちもともちゃんの移籍がありましたが、最近の選手移籍について確認。ま、いつもの通り2ch国内サッカー板の「ら」スレのお世話になるだけなのですが…

さて、確認したところ最近の動向は以下の通りの様です。流石に降格圏チームは残留目指して補強が増えてますね。

まず8月に対戦する柏、G大阪、F東京は、特に変化なし。(今日柏の岡山が仙台に移籍発表がありましたが)とは言っても、柏については前回対戦時に自慢の李や菅沼が出られませんでしたからね。違うチームの様な感じになるのかも知れません。

一方甲府、神戸は補強有り。特に神戸は友ちゃん移籍後初対戦なのでワクワク。

でもこうやって他チームの移籍を見ていると補強しているチームはちょっとうらやましいなぁ。浦和は出る方の移籍ばっかりなので、久しぶりに加入の方で踊りたいな。オフまでお預けだろうけど。

J1 7-8月(リーグ戦中断以降)の動向 △IN ▼OUT 日付は公式発表された日
脚:
浦: ▼酒井(神・7/26)
新: ▼デビ純(神・7/16) ▼鈴木慎(分・7/17)
鹿: △小笠原(メッシーナ・7/3)
崎: ▼大久保(FC琉球・7/14) ▼西山(横・7/17)
清:
磐: △エンリケ(フィゲレンセ・7/26)
鞠: ▼マルクス(退団・7/10)
柏:
鯱:
神: △デビ純(新・7/16) △酒井(浦・7/26)
瓦:
熊:
犬: ▼ストヤノフ(契約解除・7/24)  ※JEFリザ関係省略
甲: △羽地(徳・7/15) ▼長谷川(徳・7/16) ▼ジョジマール(媛・7/18)
宮: ▼エニウトン(退団・7/12) △デニス・マルケス(アトレチコ・パラナエンセ・7/20)
分: ▼梶原(長崎・7/4) △鈴木慎(新・7/17) ▼セルジーニョ(契約解除・7/17) ▼マラニョン(契約解除・7/17)△エジミウソン(セアラ・7/18) △ホベルト(元福岡・7/18)
横: ▼アンデルソン(退団・7/4) ▼アドリアーノ(退団・7/9) △西山(崎・7/17) △マルコスパウロ(ポルトゲーザ・7/27) △オボムソク(浦項・8/2)
Jul 3 2007
Permalink

古いグッズ

Comment(0) Trackback(0)

先日職場の人にJリーグライター貰いました。家を掃除したら昔揃えたのが出てきたそうです。10個しかないけどって申し訳なさそうに言ってたけど、オリジナル10じゃありませんかw

チームの数や名前もあまり意識してない人でもJリーグバブル時はグッズとか持ってたんですねぇ。フェイスペインティングやチアフォンとかなつかしぃよほんと。

私はタバコやめちゃったのでいまいち使い道ないけど大事にとっておくか。

写真1
ライター表
写真2
ライター裏

Oct 20 2006
Permalink

山本さん

Comment(0) Trackback(0)

一夜明けるともっと凄いのが来てました。

FC東京の来季の監督に山本氏が浮上(スポニチ Sponichi Annexより)

コミュニケーション不足を露呈したガーロ監督の反省を生かして、来季監督には日本人のみをリストアップ。現日本代表コーチで95~01年にFC東京を指揮した大熊氏、前横浜監督の岡田氏の名前も挙がっているが、大熊氏は日本協会との契約問題、岡田氏は高年俸がネックとなっており、本命を山本氏として水面下で動き始めている。クラブ幹部は「早くJ1残留を決めることが大切だが、来季監督との交渉もシーズン終了まで待っていられない」と話しており、近日中に本格交渉に入ることになりそうだ。

FC東京…ムチャシヤガッテ(AA略

その他のスポーツ新聞各社は以下の通り。岡田監督濃厚と大々的に報道した日刊スポーツは今のところ静観。

誰になるのかわかりませんが、山本さんになったとして、アテネ五輪時に扱われ方の悪かった石川直とかどうなっちゃいますかね。ま、これ以上他のチームの事に口出しするのもあれなんでやめときましょか。

んでその山本昌邦氏、明日の川崎戦で解説(NHK午後3:55~午後6:00)をします。啓太へのコメント含めて凄い楽しみ~。録画・録画。

何れにせよ、オフシーズンの話題に関してはFC東京に一歩先を行かれてしまったな……むきー

---

浦和レッズ対山本監督通算成績

ジュビロ磐田 2勝1敗1分

'04 天皇杯

  • 準決勝 12/25(土) ●1-2 国立 達也、藤田(磐田)、中山(磐田)

'05 J1

  • 第8節 4/28(木) △2-2 エコパ 前田(磐田)、永井、中山(磐田)、エメ
  • 第33節 11/26(土) ○1-0 埼スタ オウン

'06 J1

  • 第2節 3/11(土) ○3-1 埼スタ 闘莉王、アレ、ポンテ、茶野(磐田)
Oct 19 2006
Permalink

岡ちゃん

Comment(0) Trackback(0)

最近は昨年の「何か」や先日の監督インタビューでの発言(参考エントリ:驚きの連続、最後の〆は関塚監督 »)、現在のオフィシャルホームページの「忘れない」を見るかぎり、川崎さんが何だかこちらを意識している様に見えますが、ちょっと前まではFC東京さんがそんな感じでした。原さんが退任し、加地さんが移籍しちゃったのもあるのか、今年は単なる対戦相手の一つって感じで何だかさっぱりしちゃってます。

以前は今野選手がサッカーダイジェストのインタビュー記事でFC東京は浦和にライバル心があるのか、原さんが浦和にいたのもあるかもしれないけどなんか浦和とヴェルディだけには負けられないって、選手、サポーター、会社のひとも思っているからなんて言ってるくらいでしたから。

そんなFC東京さん、また面倒くさいクラブになりそうな予感です。

岡田武史氏が来季東京の監督に(nikkansports.comより)

前横浜監督で98年W杯フランス大会の日本代表監督だった岡田武史氏(50)が、来季からJリーグ東京監督に就任する。横浜時代に日本一に2度輝いた名監督に、低迷中の東京が監督就任を要請したことが18日、明らかになった。既に横浜市内などで2度以上接触し、複数年契約で年俸7500万円の条件を提示した。近日中にも細部条件を詰めて合意する見込み。

上記の記事によると岡ちゃんが監督就任が濃厚らしい。

岡ちゃんと言えば岡野や伸二を'98仏W杯のメンバーに選んだことで評価してたのだけれども、その後本大会での起用方法で幻滅。更にはコンサドーレ札幌を率いた時期にJ2で浦和は一度も勝てず。横浜F・マリノスでは'04CSでPK負けと対戦相手として何だかいい感じがしません。

ちょっと調べてみたところ以下の通りで、通算では9勝6敗2分と勝ち越してたのですね。J2時代の思い出や'04CSの件が印象強すぎだから勝ち越ししているとまでは思わなかった。

来年はFC東京戦ちょっと面白いかも。しかし札幌との戦いは懐かしいなぁ。

---

浦和レッズ対岡田監督通算成績

コンサドーレ札幌時代 2勝4敗1分
横浜F・マリノス時代 7勝2敗1分
計 9勝6敗2分

コンサドーレ札幌時代

'00 J2(0勝3敗1分)

  • 第6節 7/16(日) △1-1 入江運動公園 エメ(札幌)、クビツァ
  • 第17節 6/4(日) ●0-1 駒場 ビジュ(札幌)
  • 第25節 7/29(土) ●1-2 厚別 クビツァ、田渕(札幌)、大森(札幌)
  • 第35節 9/28(木) ●1-2 駒場 エメ(札幌)、クビツァ、ビジュ(札幌)

'01 J1(2勝0敗)

  • 1st 第9節 7/20(土) ○2v-1 国立 小倉(札幌)、エメ、達也
  • 2nd 第5節 9/21(土) ○2-1 札幌ドーム エメ、啓太、堀井(札幌)

横浜マリノス時代

'03 J1(1勝1敗)

  • 1st 第10節 5/25 ○1-0 横国 山瀬
  • 2nd 第5節 9/13 ●0-3 埼スタ 坂田(横浜)、マルキーニョス(横浜)、坂田(横浜)

'04(2勝1敗2分)

 J1(2分)

  • 1st 第1節 3/13(土) △1-1 横国 安(横浜)、エメ
  • 2nd 第9節 10/17(日) △0-0 埼スタ

 ナビスコカップ(1勝)

  • 準々決勝 9/4(土) ○3-2 埼スタ 奥(横浜)、山瀬、エメ、エメ、坂田(横浜)

 チャンピオンシップ(1勝1敗-PK戦敗退)

  • 第1節 12/5(日) ●0-1 横国 河合(横浜)
  • 第2節 12/11(土) ○1-0 埼スタ アレ

'05 J1(1勝1分)

  • 第12節 5/15(日) ○1-0 日産 永井
  • 第25節 9/24(土) △0-0 埼スタ

'06(3勝)

 J1(1勝)

  • 第5節 3/25(土) ○3-1 横国 山田、ワシントン、大島(横浜)、長谷部

 ナビスコカップ予選(2勝)

  • 第4節 5/14(日) ○2-1 日産 那須(横浜)、永井、ワシントン
  • 第6節 5/21(日) ○4-2 埼スタ ワシントン、相馬、ワシントン、ワシントン、塩川(横浜)、田中隼(横浜)
banner_d02.gif

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちJ1カテゴリに属しているものが含まれています。

次のカテゴリはJ2です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2008年10月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アーカイブ

最近のコメント

おすすめ

Urawa Reds Magazine (浦和レッズマガジン) 2008年 10月号 [雑誌]

浦和レッドダイヤモンズ栄光への軌跡AFCチャンピオンズリーグ2007

タグクラウド

あわせて読みたい